【一攫千金コイン!?】ネム(NEM)とは?特徴や今後の動きを徹底解説

カノウコウスケ
どうも!ANGOの編集長、カノウコウスケです。

今年1月にコインチェックでハッキング事件があったことは有名ですよね。

それをきっかけに仮想通貨「ネム」という言葉を初めて耳にした人も少なからずいるでは?

初めてネムという言葉を聞いた人は「不正アクセスされたとか、なんか危なそうな通貨なんじゃないか…」思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ逆。結論から言わせてもらえば、今回の一件でネムはとんでもない将来性と可能性を僕たちに見せつけてくれました。

そこで改めて”ネムコイン”に注目して、そもそもネムコインとは?から特徴や購入方法、将来性なんかを徹底解説していきたいと思います。

不確実な情報に流され、誤った認識をするのはとても危険です。

ネムを初めて知った人も、なんとなく知っていた人も、ここでその全貌をしっかり理解しておきましょう。

ネムコイン(XEM/NEM)とは?


出典:Zaif

ネムコインとはアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のひとつである仮想通貨です。

このネムコインは、当初の開発チームに日本人である「武宮 誠氏」が参加していたと言われていたことで、多くの人々、特に日本人から注目される仮想通貨と言われていました。

だからネムは日本で人気のある仮想通貨なんですね。(しかしネムの公式ブログによると、実は武宮誠さんはネムの開発に一切携わっていなかったようです)

そもそも仮想通貨とは?仕組みや種類は?その全てにお答えします

2017.02.13

「New Economy Movement」が正式名称で、頭文字をとってNEMという名前になっています。ちなみに、「XEM」というのも見かけると思いますが、これはネムコインの単位を表しています。

ビットコインなら「BTC」、ネムコインなら「XEM」ということですね。

もし英語に自信がある人は以下の動画を見てください。

僕には何言ってるかいまいちよくわかりませんでした。(笑)

僕と同じ人は、今から簡単にネムコインの特徴を解説してくのでサーっと目を通してみてください。

ネムコインはビットコインと何が違うの?

「仮想通貨」といえば、やはり一番有名なのはビットコインですよね?

ビットコインはブロックチェーンという技術の上に成り立っていて、ブロックチェーン上に不特定多数の有志で追記作業を行ってもらうことによってその運用が健全に保たれています。

「は?もう何言ってるかわからん。」って人は以下の記事をさらっと目を通してください。

【猿でもわかる】ビットコイン、ブロックチェーンの仕組みとは?

2017.01.14

そんで、ビットコインにはセキュリティを支えているプルーフ・オブ・ワーク(PoW)というルールがあり、そのルール上、ビットコインのマイニング作業を一番早く正しく行ってくれた人にお礼を渡すという仕組みになっています。

ビットコインはProof-of-Work

プルーフ・オブ・ワークとは日本語に訳すと「仕事」「証明」

要は、仕事(ビットコインが健全に運用される為の作業=マイニング)の証明(マイニングの成功=正しい計算作業)をしてくれた人にはお礼を渡すよというのが、ビットコインというシステムで決められているプルーフ・オブ・ワークというルールなのです。

初心者の方からするともう意味不明だと思うのですが、ここまではわからなくても大丈夫です。(笑)

理解してほしいのは、ビットコインのプルーフ・オブ・ワークというルールは、マイング競争に買った人に新規ビットコインが与えられるので、その「マイニング競争に勝てるだけの経済力がある人にばかりビットコインが支払われている」ということです。(マイニングには専用PCとか電気代とかいろいろお金かかるから金持ちじゃないときついんです)

そうなんです。(まあマイニングにおいての話ですけどね)

要は、ビットコインは金持ちが大量に溜め込みやすい仕組みになっているということですね。←最悪これだけ理解してくれればオッケー。

【宇宙一簡単】ビットコインのPoW(プルーフオブワーク)とは?

2018.05.02

ネムコインはProof-of-Importance

それと比べて「NEM」「Proof-of-Importance(P0I)」というルールを導入しています。

これは、ビットコインで使われているPoWというルールの問題点である、お金持ちにビットコインが集まりやすいという問題点を解決するために考え出されたルールです。

そうです。細かい説明をすると難しいので、一言で。

「ネムで用いられているPOIというルールは、ビットコインと比べて平等に分配されやすい仕組みになってるよ」ってかんじですね。

まあネムはビットコインと比べてそのルール上、かなり平等なアルゴリズムを取り入れている仮想通貨なんだっていう理解をしてもらえればオッケーかと。

で、平等だからこそビットコインで言う所の「マイニング」に値する作業が、誰でも気軽にできるようになっています。

ネムの場合ではそれを「ハーベスト」と呼びます。

詳しくはこちらで説明していますが、一定数以上のネムを保有しているだけで誰でも簡単にネムの採掘ができるので、すでにネムを保有してる人は要チェックですよ。

【徹底調査】NEM(ネム)のハーベストは本当に稼げるの?実績まとめ

2018.02.12

ネムのその他特徴

それ以外にもネムは他の通貨にはない色んな特徴があります。

中でも、

  • アポスティーユ
  • マルチシグ
  • ネームスペース&モザイク

このあたりの機能はとっても優秀。

少し難しい話になってしまうので、詳しくはこちらで解説することにします。

ネムに関して深く知りたい人はチェックしておきましょう。

【知っ得!?】ネム(NEM)の意外と知らない3つの特徴と将来性

2018.01.11

ネムがハッキングされたらしいけど大丈夫なの…?

2018年1月26日におきたコインチェックハッキング事件

この事件で、約580億円相当のネムコインがハッキングされてしまいました。

この一件を受けて、「ネムって大丈夫なの?」と感じている人も少なからずいるかもしれませんが、結論からいうと大丈夫です。ネムが悪いわけではありません。

【2018年は10倍!?】NEM(ネム)の価格予想!ハッキングの影響は?

2018.02.19

これはマウントゴックス事件の時と同じく、

  • 取引所の管理体制
  • ウォレットを利用していなかったユーザー

が悪かったのであり、ネムが悪いわけではありません。(一番悪いのはもちろんハッカーですが。)

むしろ、冒頭でも言いましたが、この騒動でネムはそのポテンシャルを見せつけてくれました。

どこにポテンシャルを感じたのかというと、

  • ネム財団の対応力と人材の優秀さ

です。

ネム財団とは?


引用:https://nem.io/

ネム財団とはネム(NEM)のブロックチェーン技術の普及と向上を目的として生まれた非営利団体です。

具体的な目的としては、「NEM技術を振興し、ビジネス、学術、そして政府部門にまでその採用を拡大すること」公式サイトで発表しています。

理事長のウォン氏を筆頭に、以下のようなメンバーで構成されています。

国内仮想通貨取引所Zaifを運営している朝山さんもメンバーに入っていますね。

今回のネム財団は神対応

今回のコインチェックでのネムハッキング騒動を受けて、ネム財団は1日足らずで盗まれたネムの救済と、コインチェックの支援という方針を発表しました。

そして、「24~48時間以内に盗まれたNEM(ネム)にタグ付けするシステムを作る」という発表もしました。

コインチェックから盗まれたネムにタグをつけ、どこに送金されているのか?現金化されているのか?他の誰かのアドレスに移動しているのか?などを分かるようにするということです。すごい!

この迅速な対応力はほんとすごいですよね。

これにより、ハッカーも盗んだネムをどうすることもできない状態に。

これだけの対応ができる人材を揃えているネム財団はとても優秀だなと率直に感じます。

そして=ネム自体の価値が上がる可能性もあるんじゃいかなと感じました。

今後の展開にも注目ですね。

ネムコインなら一攫千金も夢じゃない!?

以上のことも踏まえて、ネムの可能性は半端じゃありません。

個人的な意見では、ネムコインへの投資は一攫千金のチャンスでもあると思います。

もちろん、知名度で考えればビットコインの方が圧倒的ではあるでしょう。(ビットコインはZaifで買えます)

しかし、これから爆発的に価格が伸びる可能性があるのはネムコインだと考えています。

【ど素人でも稼げる!?】ネム(NEM)とは?将来性を分かりやすく解説

2018.01.12

もちろん、価値が0になってしまう可能性もあるのでリスクがないわけではありません。しかしもしビットコインのように成功すれば、何百倍、何千倍、いや何万倍になる可能性も秘めています。

事実ビットコインも、運用開始から比べるとその価値は「150万倍以上」になっています。

この価格上昇で巨額の富を積み上げた人が実際に多くいるんですよ。

【持ってただけ?】ビットコインで億万長者になった有名芸能人たち!

2017.04.02

それと同じことがネムで起きるかもしれないのです。

「イーサリアム」で大きな利益を得たホリエモンもこちらの記事でネムについて言及しています。

そしてそして、ここ数週間の間で(現在2017/8/19)、ビットコインはもちろんですが、イーサリアムリップルなどのアルトコインも大きな値上がりをみせ、ネムコインに関してもじわじわと価格を上昇させてきているのです!

2017年のネムコインの動きと暴騰理由

以下は2017年1月〜12月12日現在までのチャートです。(XEM/JPY)


引用:Zaif

どうでしょう。この上昇率。

1月の時点での1XEMの価格は約「0.3円」でした。

それが12月12日現在ではなんと約「53円」です。

単純計算で約「180倍」です。10万円→1800万円になってる計算。最高値では12月9日に約74円ほどになっちゃってます。

そりゃ億万長者も出るわって感じですね。(笑)

この上昇は、中国版メッセージアプリ「Wechat」と提携したという上昇が流れた事が要因です。


引用:sekai-lab.com

「Wechat」は日本でいう「Line」のようなサービスで、中国のスマホユーザーの約9割がダウンロードしているというとんでもないアプリなんです。

そのWechatとネムが提携するなんて情報が流れたら、そりゃ価格も上昇しますよね。

ただ、実際はこの情報はデマだった事が判明し、そのあと価格は下落しました。

実際は「誰かがWechat内で自由にネムをやり取りできるアプリを開発した」という事だったのですが、それが「Wechatと提携した」という風に誤って情報拡散してしまっただけみたいです。

ほんと仮想通貨ってデマな情報が多いし、それに面白いくらい価格が反応しますよね。

ただ、下落したといえど、結果的に価格は上昇前よりも高い水準を維持。底が固くなった感じですね。

これからもこのように真偽問わずとも、ポジティブな情報が流れ価格上昇する可能性は大いに考えられるので、余裕資金がある人はネムを保有しておくのもいいでしょう。

僕はこちらから購入していますよ。

価格もめちゃくちゃ安い

チャートをみてわかったとは思いますが、上昇したといえど、ネムコインはまだまだ価格がめちゃくちゃ安いです。

2017年12月12日現在、ビットコインが1BTC=約190万円に対して、ネムコインは1XEM=約50円です。

実際、ビットコインも2008年に運用がスタートしてから2010年末くらいまでは1BTC=10円程度が続いていました。

しかし、そこから約7年。そんなビットコインが今や1BTC=約190万円です。「19万倍」ですね。

もちろん、ネムの価格がビットコインのように数百万円となる可能性はかなり低いとは思いますよ。

でも、価格が安いぶん、爆発的な上昇はまだまだ見込めます。

【2018年は10倍!?】NEM(ネム)の価格予想!ハッキングの影響は?

2018.02.19

2017年は「価格の安いアルトコインが爆発的に上昇した」という情報がとても多く見られました。

2018年もこの流れは続くでしょうし、個人的にネムはその筆頭にあるんじゃないかと考えています。

1XEM=500円くらいなら、割とすぐなんじゃないかなー。

ネムコインの今後はどうなる?

ここまでの説明で、もうネムに大きな可能性を感じている人が多いことでしょう。

が、しかし!他にもネムコインの今後の将来性を感じさせるポイントがいくつかあります。

スマートコントラクト技術が便利すぎる!

ビットコインでは、上で説明したブロックチェーン技術を採用していますが、ネムコインではブロックチェーンに加えてさらに「スマートコントラクト」を採用しています。

スマートコントラクトは、ビットコインに次ぐ仮想通貨と言われている「イーサリアム」でも採用されていることで有名ですね。

どっちも間違いなし!ネムとイーサリアムは両方買うべき2つの理由

2018.02.21

スマートコントラクト」とは、直訳すると賢い(=smart)契約(=contract)という意味になります。スマートは「スマートフォン」のスマートと同じですが、ここでは「自動化」と考えるのが分かりやすいです。

つまり、スマートコントラクトとは契約の自動化(自動実行される契約)といえますね。

ちょっとイメージがわかないと思うので、例をあげます。

例えば、A社がB社に対して商品代金を後払いにしたとします。

そしてその商品代金を翌日B社が支払った場合、ビットコインでは「A社からB社にいくら貸したか」と「B社からA社にいつ返済の送金がなされたか」という情報がブロックチェーン上に残ります。

しかし、スマートコントラクトを採用しているネムコインの場合だと、ビットコインに残る2点の情報に加えて「A社がB社からお金を支払ってもらう」という約束も記載されて残ることになります。

この情報が記載される事によって、取引履歴を改ざんされたり、契約そのものが消滅したりするなんてことを防げますよね。

うん、すごい便利。笑

他にも、未来の実装例として、レンタカーの例が挙げられています。

例えば、レンタカー用の鍵に「1,000円投入するごとに1時間動作する」というプログラムが組み込まれているとします。

これによって、例えば3,000円分を支払ったとき、3時間経過した後は自動的に車の鍵がロックされることになります。

仮に未来に自動車の自動走行の技術が確立されているとすれば、一定時間を経過した後は自動的に道路の脇などに停車し、強制的に運転できなくするということになるかもしれません。

このようなあらゆる契約行動をプログラム化し、自動的に実行しようとするものがスマートコントラクトです。

大型アップデートの「カタパルト」

ネムコインでは、「カタパルト」と呼ばれている大型アップデートが今後行われる予定となっています。

カタパルト・・・って?笑

と、なると思うので簡単に説明します。

現在、ビットコインをはじめとする他の仮想通貨では、取引量が激増した事によってその処理能力に「詰まり」が生じることがあります。

それを「スケーラビリティ問題」などというのですが、その処理能力をこれまでの10倍程に伸ばして、スムーズな利用が出来るようにするという技術が「カタパルト」と呼ばれるアップデートです。

このカタパルトが成功するとネムコインだけでなく、ビットコインや他の仮想通貨にとってもかなり大きな躍進になるので世界中から期待されています。

カタパルトは本当に界隈ではめちゃくちゃ注目されているアップデートなので、注目しておくべきですよ。

詳しくはこちらで解説しているのでチェックしてみてください。

【ついに実装!?】NEM(ネム)のカタパルトとは。気になる内容、価格は?

2018.02.07

注目のICO「COMSA」の登場

COMSA」は企業が簡単にICOを売り出せるようなプラットフォームを提供しているサービスで、仮想通貨の取引所であるZaifを運営しているテックビューロー社が開発したものです。

COMSA?ICO・・?ぷ、ぷらっとふぉーむ・・?

という方は以下の記事を参考に。

【バブル必須】ウワサの仮想通貨ICO(プレセール)とは?を完全網羅!

2017.08.06

10月2日からトークンセール開始予定し、現段階ではプレセールは終了していまいましたが、予定通りZaifに上場し、CMSトークン(COMSAトークンの名前)が取引できるようになっています。


引用:Zaif

こちらの記事でも紹介していますが、COMSAは今後の期待度もかなり高いので、プレセールで買い逃してしまった方は、まだ価格も安い今のうちに購入しておくといいかもしれません。Zaifから買えます。

で、このCOMSAはネムのブロックチェーンを利用してトークンを発行しているので、ネムととっても親密な関係にあるんですね。

COMSAの将来性なんかはこちらを読んでもらえば十分わかると思いますが、「COMSAの成功=ネムコインの成功」となる可能性も高いです。

実際、最近のネムコインの価格上昇の背景には、ICO市場の活性化やCOMSAの登場なんかも理由として挙げられます。

ネムの保有者はICOやCOMSAのニュースも注目しておきましょうね。

という感じで、まとめると、スマートコントラクトやカタパルトなど様々な好材料が揃っているので、ネムコインの将来は明るいと言っていいでしょう。

で、どこで買えるの?

ということで、「じゃあネムはどこで買えるんだ?」って話になると思うので紹介しておきます。

もともとネムはZaifという取引所でしか扱っていなかったのですが、2017年4月からコインチェック(安全確認が取れるまで停止中)でもネムの取引が可能になりました。
コインチェックで「NEM(ネム)」「Litecoin(ライトコイン)」「DASH(ダッシュ)」が取引可能に!!

ただ、コインチェックでネムを購入するのは割高なので、結果的にネムを購入するにはZaifをオススメします。

zaif
URL:https://zaif.jp/

ザイフはネムを取引所購入(板取引)ができるので、コインチェックよりも割安で購入することができるんです。

アカウント登録もすぐにできるので、ネムを購入したい人はチャチャッと完了させちゃいましょう。

以下の記事でより詳しく解説もしているので、興味がある人はぜひ。

【30社から厳選】ネム(NEM)おすすめ取引所の国内外別ランキング

2018.01.30

まとめ

いかがでしたか?

今回は今激アツのネムコインに関して解説しました。

最後に簡単にまとめておくと、

  • ネムはみんなに平等な通貨で、気軽に採掘(ハーベスト)ができるよ
  • イーサリアムで有名なスマートコントラクトが搭載されているよ
  • ハッキングがあったけど、ネム自体が悪いわけではないよ
  • むしろネムのすごさが伝わったよ
  • カタパルトという大型アップデートも控えていて、今後も期待できるよ
  • 買うならZaif一択だよ

こんな感じですね。

「あの時買っておけばよかった…」なんて後悔しないように、興味がある人は今のうちから少しでも保有してみてはいかがでしょうか?

価格が安い今、チャンスかもしれませんよ。

この記事の後によく読まれてます

【ど素人でも稼げる!?】ネム(NEM)とは?将来性を分かりやすく解説

2018.01.12

【全13種】仮想通貨(ビットコイン)の対応おすすめウォレット一覧表

2018.01.23

【ついに実装!?】NEM(ネム)のカタパルトとは。気になる内容、価格は?

2018.02.07

【必須事項】最低限やっておくべき仮想通貨のセキュリティ対策7つ!

2018.01.26

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

気合い入れてまとめた記事です。

ビットコインで月3万円稼ぐ方法

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。